巨乳人妻との不倫、妹と近親相姦、出会い系サイトであったエロい体験談などをまとめています。

タグ:芸能人

58


引き裂かれた放課後 :2006/11/04(土) 13:49:59 ID:KnMtms0j0
「いやーっ!やめてぇー!」
夏帆は悲鳴を上げると、両手で顔を覆って泣き出した。
 むき出しになった太ももの付け根には、まだ誰にも見せたことの無い黒々としたヘアが
白い肌と絶妙なコントラストを見せている。
 「うわぁ・・」
篠山が目を見開き、ため息を漏らす。
【篠山キシン&夏帆 (芸能人との体験談)】の続きを読む

514


マジで磯山さやかとやった。
その時は彼氏がいないみたいで、たまたま共通の友人(一般人です)がいたので紹介された。
彼女のことは知っていたので、紹介されたとき、冗談だろと思ってたけど、会ったら本人でびっくりしました。
第一印象はテレビで見るよりもおとなしい感じでした。
会った時は舞い上がってしまってデートどころではなくあんまり話せず、一度きりの楽しい出会いだろうと思ってたけど、一週間して彼女の方から電話があり、会うことになりました。
【磯山さやかとのマジ体験談 (芸能人との体験談)】の続きを読む

290


206 :えっちな21禁さん :sage :2006/08/17(木) 21:53:44 ID:4ECKhyBP0
その日僕は大学に行く途中でえびちゃんに似た素敵な女の子をみつけた。
といってもこの2,3日は毎日その子が同じ時間の同じ電車から降りるのを
知ってた。丁度僕の降りる駅と同じところで降りるのだった。
すらっとして、一見すっきりした美人風だけど、とっても可愛い娘。
それに服装のセンスが抜群にイイ。何してる人だろう?モデルかな?
ちょっとついていってみよう。今日は大学の授業はいいや。
【エビちゃん (芸能人との体験談)】の続きを読む

543


「もっと~、もっと広げてー!」
両手、両足を頭の上の固定され、マングリ返しの格好で身動きひとつ取れない相武紗季だ。
相武紗季の肛門には、最新型の肛門拡張装置が設置されている。
相武紗季の肛門は今や直径5cmをゆうに越える大きさまで拡張されていた。
肛門拡張装置は、長さが10センチほどの筒状の構造で、油圧の自動操作で、直径が10mm~200mmまで拡大する。
【紗季 (芸能人との体験談)】の続きを読む

688


これは昨日見た夢の話です、僕はなぜか木村カエラさんと歩いてました。見たことのない風景ばかりになので不安なのにカエラさんがなぜかどんどん歩いてくので必死になってついていきました。僕がいき絶え絶えに「もういい加減疲れましたよ、どこかで休みましょう。」と必死で言うとようやくカエラさんは止まりました。そして振り向き「じゃあこの家で休みましょう」と近くにあったマンションにずんずんと入っていきました、「ここに住んでるんですか?と聞くと「んーん知らないとこ」とさも当然のように言って3階の部屋に侵入していきました、「ちょっと!!鍵開いてるからって人の家入っちゃさすがにまずいですよー」
【木村カエラのお尻 (芸能人との体験談)】の続きを読む

434


前編:憧れの従姉 ~佐藤寛子~ (芸能人との体験談)
http://www.seilogs.com/archives/1021124013.html

303 :淫蜜蜂 ◆nRK.xkbeK2 :sage :2006/09/03(日) 12:06:14 (p)ID:sNE+2hlH0(59)
302 :淫蜜蜂 ◆nRK.xkbeK2 :sage :2006/09/03(日) 03:43:38 (p)ID:sNE+2hlH0(59)
 やがて、全身の神経が集中した指先に、それまでとは全く違う熱く湿った感触が伝わってきた。
 ああ、これが、お姉ちゃんのオマ◯コなんだ…。
 指の周囲を熱くどろどろとした柔肉が包む。絡み付いてくる様な肉の淫らな感触を、指はペニス以上に鋭敏に受けとめた。そこから電流のように全身に快感が走った。
「そ、そこを…ああっ!」
【憧れの従姉 ~佐藤寛子~ 2 (芸能人との体験談)】の続きを読む

261


271 :淫蜜蜂 ◆nRK.xkbeK2 :sage :2006/09/02(土) 21:33:51 (p)ID:G3HRtdZy0(10)
憧れの従姉 ~佐藤寛子~

 学校を出た時、空はずっしりと重い暗雲の塊に覆われていた。さっきまで雲ひとつなく、夏一番の陽光が照りつけていたというのに、この急激な天候の変化はどうしたのだろう。
 なんだか雨がきそうだな…。
 空を見上げながらバス停へ向かおうとした雅樹の頬に、ぽつりと雫が当たった。
 あれれ、もう降ってきやがった…。
 急いで商店の軒下に飛び込み、鞄から折畳みの傘を取り出した。その途端、大粒の雨がものすごい勢いで落ちてきた。
【憧れの従姉 ~佐藤寛子~ (芸能人との体験談)】の続きを読む

325


その日も、月夜が部屋に直線を引いていた。
細く射す光の筋は舞い散る埃の踊り場であり、その光景はまるで自分の心情を照らしているようだった。
またひとつ寝返りを打った。また羽毛から小さな埃が飛び舞う。胸の中がそわそわ騒がしくて眠れない。小さく聞こえる寝息をよそに、僕は上半身を起こした。
【水面に反射するような (芸能人との体験談)】の続きを読む

20141203-1_02


 どうも、初めまして。
 わたくし某TV局のアナウンス部でアナウンス部長させていただいている者です。で、愚痴みたいになって申し訳ないとは思いますが話を聞いていただきたいのですよ。
 私がお話したいのは最近の女子アナの事なんです。なんだかね、最近の新人女子アナって入社していきなりアイドル扱いでしょ? アナウンサーとして、ろくに実力も付けない内からアイドルアナ扱いでチヤホヤされるので、そりゃもう速攻で天狗ですよ。まあ女子アナなんて自己顕示欲の権化みたいな小娘が選ぶ職業ですからねえ。それでもって野球選手やセレブの玉の輿になるまでの腰掛け仕事のつもりと考えているようで困りものなのですよ。
【多木川 (芸能人との体験談)】の続きを読む

439


330 名前: 市川由衣・・・幼い口奉仕 投稿日: 01/11/02 03:23 ID:TbCDRAVA
薄暗いテレビ局の会議室・・・
由衣は父親よりも年上の男の下半身を目の前にたじろいでいた・・・
「さぁ、由衣ちゃん・・・レギュラーが欲しいならこれをくわえてごらん」
脂ぎった中年男が不適な笑みで由衣を見つめる
(そ、そんな・・・いくらプロデューサーでも・・・)
これは事務所ぐるみの罠だった・・・


【市川由衣・・・幼い口奉仕・淫夢のはじまり (芸能人との体験談)】の続きを読む

このページのトップヘ