巨乳人妻との不倫、妹と近親相姦、出会い系サイトであったエロい体験談などをまとめています。

タグ:痴漢

334


 隆生は母、恵美と駅のホームで、電車を待っていた。今日は、隆生が通っている私立高校の個別面談の日なので、
いつもよりも、一時間遅い電車でよかったのだ。その学校は、進学校なので、一年生の時から頻繁に親子での
面談があるのだった。
「一時間遅いだけで随分、人が少ないのね」
面談の順番によっては、通常の通学時間になる時もあり、以前にラッシュ時と重なってしまった事を、母は
覚えていたのだ。恵美は42才、息子の隆生、夫の邦彦の三人暮らしである。若い頃は、スリムで、スタイルも
良かった。さすがに40を越えたこの年では、やはりそれ相当の肉と脂肪がつき、ムチッとした肢体になっている。 【お父さんには・・・、内緒よ・・・ (複数での体験談)】の続きを読む

30


私は、29歳の会社員。妻、美沙は専業主婦の25歳で、社内恋愛で3年前に結婚しました。子供はまだいません。これからお話するする出来事は、私にとって一生忘れられないと思います。
それは、夏の日の夜、私は会社の同僚3人と仕事帰りに軽く飲み、結局私の家で飲みなおうそうという話になり、家に招待したんです。夜9時頃、パジャマ妻は笑顔で出迎えてくれました。当然、妻と同僚3人は同じ会社で良く知っていたので、妻も「お久しぶりです!」と喜んでいました。妻は当時社内でアイドル的存在で、後藤真希に似てると言われていました。身長は、162センチで上から86、58、84(学生の頃、新体操部に所属)と良いスタイルで、会社ではよくタイトなミニスカをはき仕事をして、太すぎず細すぎずの足がセクシーと評判でした。私も自慢の妻です。同僚3人とも結婚式に来てくれた連中で、みんな私の妻との再会にご機嫌な様子でした。 【制服姿で輪姦され、何度もいかされた妻パート1 (寝取られ体験談)】の続きを読む

  • カテゴリ:

16


僕は、姉のことが好きです。
普段姉のパンティやパンストなど穿きながらオナニーしていますが、
それだけでは我慢できなくなった僕は通勤途中の姉に痴漢することを思いつきました。
満員電車の中で、僕のチンコを姉に擦り付けるんだと思うとそれだけで僕のチンコはガチガチになってきました。
ついに決行の朝が来ました。僕はホームに立つ姉の後ろに近づきます。
ズボンの中でパンツからチンコを出し、チャックを下ろすだけで露出するようにスタンバりました。 【電車の中で姉にブッカケ (姉との体験談)】の続きを読む

797


 巷では夏休みだったかもしれないが、私にはそれがなかった。お盆も出社していた。私と似た境遇の人が多いのか、盆だというのに通勤電車は見事な混み様だ。

東京近郊から通勤している私にはこのラッシュが苦痛でもあり至福でもある。

先週の出来事。いつものように電車に乗り込むと、明らかに小学生と思われる4人組がいた。

一人は派手目な子、どこかのお嬢様だろう、仕切りやの様に見えた。もう一人はやせのメガネ、そしてもう一人がデブの巨乳、小学生とは思えない体格であった。この二人はお世辞にも可愛いとはいえない。
【夏休みの通勤ラッシュ。 (痴漢した・された体験談)】の続きを読む

284


941 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2007/02/23(金) 13:44:48 ID:lXq/t78w0
私が高校生だったときの痴漢体験を書きたいと思います。

私は背が高い方です。
168センチで、髪はショートボブ、まじめに見られるほうだと思います。
制服はセーラー服です。

初めて痴漢にあったのは、高1の春、まだ入学して間もない頃でした。
中央線で通学していたのですが、通勤快速だったのですごい混みようでした。
いちばん端の車両に乗り込むとき、すぐ後ろにぴったりとついて、小柄な男の人が乗ってきました。
あれ?と思うまもなくぐいぐいと押され、車両の隅に追いやられてしまいました。
【初めての痴漢体験 (痴漢した・された体験談)】の続きを読む

797


私は22歳の学生です。東京郊外のワンルームマンションから、ほぼ毎日、都
内の大学まで通っています。はっきり言って、痴漢に悩まされない日はありま
せん。このホームページを発見して、とても黙っていられなくなり、こうして
文章を送ることにしました。

【痴漢の皆さんに、少しでも女の子の苦しみを知ってもらいたい (痴漢した・された体験談)】の続きを読む

249


265 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2006/12/05(火) 08:51:26 ID:DUVxA1zx0
二週間以上前から朝、同じ人に痴漢されてる。
昨日、初めてHしちゃった。


266 名前:265[sage] 投稿日:2006/12/05(火) 09:09:10 ID:DUVxA1zx0
相手は20代後半か30ちょっとのリーマン。
いつも乗ってる電車がすごく混んでいて、乗ったら身動きできない状態。
初めて痴漢された時は、ジャケットの下にニットを着てたんだけれど、
ジャケットのニットの上から胸を揉まれてから、「あっ」と思ったら、次にお尻をなでられた。
「誰?」と思っても、後ろを振り向けなくて。。
【痴漢の彼 (痴漢した・された体験談)】の続きを読む

797


251 電車の彼女 ◆lWwXhOX8D6 2006/12/06(水) 22:01:55 ID:aeyN6iOD0
彼女にあったのは少し寒くなり始めた10月の終わりか11月の初め頃だったと思う。
通勤で使ってる電車は降車駅に近づくにつれて混雑度を増していった。
僕が乗った次の駅から彼女は電車に乗ってきた。意識したのはその日が初めてだったが
次の日も、その次の日も彼女は同じ時間、同じ車両、同じドアに乗ってきた。
いつも先頭で。彼女は飛び抜けてスタイルが良い訳ではないが、スリムな体にしては
胸が大きかった。顔は切れ長の目から冷たい印象を感じ、女優の葉月里緒菜によく似ていた。
【最終痴漢電車 (痴漢した・された体験談)】の続きを読む

84


私は25才で結婚2年目の主婦です。
義父は現在、定年を二年後に控え一人暮らしをされています。
その義父から連絡があり出張の帰りに一泊されることになりました。
その日、義父に買い物に誘われました。
「玲子さん、ちょっと買い物があるんだけど、付き合ってくれないかなあ。
一人じゃ不案内で一緒だと心強いから」
【義父の悪戯 (近親相姦の体験談)】の続きを読む

775


思い出 投稿者:はな  投稿日:2000年 08月20日(日)17時54分11秒

76歳の女性です。
55年前の、思い出を書いてみる気になりました。
結婚して1年後に、夫は軍隊に招集されました。
昭和20年の夏は、毎晩のように空襲警報があり、その都度、
防空壕に逃げ込むのでした。 【防空壕の思い出  (痴漢した・された体験談)】の続きを読む

このページのトップヘ