巨乳人妻との不倫、妹と近親相姦、出会い系サイトであったエロい体験談などをまとめています。

カテゴリ:看護婦

834


あの個人病院へ再び・・・ (看護婦の体験談)の続き
http://www.seilogs.com/archives/1049274841.html

名前: さつき

性別: 女性

年令: 22

メッセージ: 最近、便秘がちのことで就職後のことを考えると気分が重くなってしまって...

 体調がわるくなって仕事がきちんとつとまるのか、ちゃんと社会人としてやっていけるのか、気になりだすと考え込んでしまいます。
【大学病院での便秘診療 (看護婦の体験談)】の続きを読む

531


予想外の肛門診療 (看護婦の体験談)の続き
http://www.seilogs.com/archives/1049274224.html

名前: さつき

性別: 女性

年令: 22

メッセージ: 市販の軟膏(フミニミーナ軟膏)を買って、つけてみたんですがなかなか良くならなくて、気分が滅入っていました。

 友人に相談しても

 「やっぱり病院で見てもらうしかないよ」

 と言われるし、でも産婦人科は絶対に嫌でした。 【あの個人病院へ再び・・・ (看護婦の体験談)】の続きを読む

526


平成11年8月31日、今日のできごとを私は一生忘れないでしょう。

 私はバカなことをしました。

 今、思い出しても後悔するばかりです。

 実は、今日、再び、例の個人病院へ行って帰ってきたところなのです。

 最初に下痢で屈辱的な肛門診察を受けたのは2週間前でした。

 診察の結果は特に大きな異常はないということで1週間分の整腸剤と下痢止めのお薬をいただいて帰りました。 【羞恥の便秘治療(悪夢再び・・・) (看護婦の体験談)】の続きを読む

532


名前: さつき

性別: 女性

年令: 22

メッセージ: 私は22歳の女子学生です。

 いつもみなさんの告白をこんなこともあるのかとまるで他人ごとのように読ませていただきました。

 しかし、まさかあのようなできごとがまさか自分の身に起ころうとは夢にも考えておりませんでした。

 それはつい先日のことです。 【予想外の肛門診療 (看護婦の体験談)】の続きを読む

30


姫っ子さんとは、病院を通じて知り合いになりました、でこの書き込みも前の書き込みも姫っ子さんのパソコンから送信してます。

姫っ子さんがインターネット始めたので見にきてこのページを覗かせてもらったというわけです。

私も同じような体験があったので話したところ書け書けというので書いたわけです。 【姫っ子の友さんからの悩み相談 (看護婦の体験談)】の続きを読む

529


(●実験台にされた女性)


先日,友人のA子が私大の大学病院で受けた,屈辱的な体験について手紙をくれました。


A子は24歳になるたいへん美人なOLでして,有名大学の英文科をトップクラスの成績で卒業し,今は,一流企業の重役秘書をしています。

以下,彼女の手紙の全文を紹介します。 【(●実験台にされた女性) (看護婦の体験談)】の続きを読む

381


看護学生だった頃友達(2回だけHしちゃったが…)だった女に町でばったり会った。
お互い時間もあったので、飯しながら話しをした。今はこの町の産婦人科に勤務しているらしい。
彼女には結婚を内緒にし、病院内でいい子いないか聞いてみたら、自分も彼氏いないからコンパにということに。後日俺のツレと看護婦3vs3の合コンが。
場も盛り上がり2次会へ。お決まりのカラオケBoX。ツレの一人は都合で帰り、
元友の女ともう一人が途中二人でどこかへ。俺とナース二人、オールで延長となった。 【カラオケBOXで (看護婦の体験談)】の続きを読む

52


もう、数年前のことですが・・・

ある年の冬、俺はスノーボードをしていて、大怪我をしてしまった。
腰と片脚の付け根と右肩を怪我してしまい、とても帰れる状態でなかったため、スキー場近く(といっても遠いが)の市民病院での入院を余儀なくされた。

いたって健康だった俺は始めての入院。
しかも寝たきりで動けない。
勝手がわからない俺にベテラン看護婦さんが小便、大便の仕方を教えてくれた。 【後輩の嫁に・・・ (看護婦の体験談)】の続きを読む

368


究極に恥ずかしかった体験を書きます。

当時僕は中学2年生で、オナニーも覚えて毎日のようにしていました。
ある日、いつものようにオナニーしていると、亀頭のカリの部分に小さなプツプツが
たくさんできていることに気づきました。
性病というものはどんな病気か知らなかったけど、自分が性病になったんだと思って
恐くなり、病院へ行くことを決めました。 【診察での出来事 (看護婦の体験談)】の続きを読む

52


2006年の夏、建設現場で日雇いのバイトをしていました。日給1万円もらえる仕事だったのでそれなりにキツイ内容です。マンションなどを建てる際に必要な資材の石膏ボードをひたすら運び込むというものです。
 新入りの頃は一枚持つのがやっとでしたが、作業を重ねるに従い、一度に運べる量が二枚・三枚と増えていき、貧弱な僕もだんだん体力がついていくのが実感できてそれなりにやりがいを感じていました。
 僕はあまり体力に自信のあるほうではありませんが、1人暮らしを始めたばかりでお金が必要なこともあり、ほぼ毎日仕事に出てがんばっていました。 【ヘルニア入院日記 (看護婦の体験談)】の続きを読む

このページのトップヘ