265


637 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2008/03/12(水) 11:55:25 ID:clmJgHuFO
高3の思い出。
通ってたうちの高校では9月の始めの体育祭で2クラス合同で1つのチームになり、その中から選抜で創作ダンスをしてた。
これがなかなか本格的なもので、夏休みから練習しないとできないような複雑な動きが多い。

夏休みのその日も体育館で練習していたのだが、進学希望者は補習授業でダンス練習に来るのが遅れ、練習が終わる頃に体育館にやってきた。

補習組の中には、「明日は補習ないから明日練習しよう」とかいうやつもいれば、練習解散後に、練習してた人に教えてもらうやつもいた。

自分は今日のところまでは覚えたので帰ろうとすると、


638 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2008/03/12(水) 12:05:25 ID:clmJgHuFO
>>637続き…

クラスの違う1人の女子から
「〇〇さん、この後用事ある?」
と言われた。用事の無い旨伝えると、今日練習したところまでダンスを教えてほしいそうだ。

中学が一緒だったそいつ(以下Rとさせて頂きますよ)は真面目で明るい性格で割と男子からの人気もあるやつだった。
そんな女の子から上目遣いで頼まれたら断れることもできなかった。

なぜ自分に頼んできたのかは未だにわからんが。
続きます…


639 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2008/03/12(水) 12:27:54 ID:clmJgHuFO
>>638続き…
Rが言うには教室で練習したいらしい。教室は補習も終わり、鍵がかかっているので2人で鍵を取りに行き、教室に入った。カーテンが閉められており、夏の日差しをうけたカーテンの熱が教室中に充満して凄く暑い。
Rは練習できる格好になりたいからと自分に1度教室から出るように言った。
数分後、呼ばれて中に入ると白Tシャツにズボンはジャージ姿のRがいた。Rは胸は小さくもなく大きくもないが、ピチピチのTシャツで胸が強調され、くびれた腰のラインがきれいだった。

続くよ…


640 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2008/03/12(水) 12:44:25 ID:clmJgHuFO
>>639続き…

早速MDをかけて練習を初めた。Rは覚えがよく、1パートできるごとに嬉しそうにはしゃいでた。
あまりにも暑いのでジュースを買ってきて教室で2人で飲みながら休憩した。
2人とも汗ダラダラで服はびしょびしょだった。Rは着替えを持っていたので
「着替えるなら教室出るけど」
というと、
「何か…もぅこのまま着替えちゃぇぃ。〇〇も着替えていぃょ」
というので一応後ろを向いて着替えていたら、Rが
「わぁ~かっこいぃ」
といって俺の腹や腕を触ってきた。この前まで部活で体作りしてたからか。
Rは「私なんかこんなん」
と言ってまだ着替えてないTシャツを少しめくりお腹をつまんでみせた。
…さすがに俺も高校生ながら「こいつ恥ずかしくないのか」と思った

続くで…


641 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2008/03/12(水) 12:57:52 ID:clmJgHuFO
>>640続き…
Rのウエストは白くくびれている。
いたずらにRのお腹をつまんでみると
「…ヤバぃよね」
とか言ってくる。
それからRの目がすわるというか、少しトロンとしたのがわかった。
俺は上半身は裸、RはTシャツを着てたので、
「着替えさせてあげる」
というとRは恥ずかしそうに頷いた。
Rを椅子に座らせ、後ろに立ちゆっくりシャツを脱がした。
汗の匂いと、女の子の匂い(シャンプーか香水?)が混じり、興奮してきた。
教室の鍵を閉め、暑いがカーテンも閉めた。
Rのブラの下から手を入れて乳首を撫でながら、首筋を舐めた。汗でしょっぱかった。
Rは感じやすいようでビクビクしながら声を出すのをこらえていた。

続くょ…


642 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2008/03/12(水) 13:20:07 ID:clmJgHuFO
>>641続き…

俺もRもその気モードだったのか、あとはどうにも止まらなかった。

俺を椅子に座らせ、ジャージとパンツを一気に脱がし、じゅぱじゅぱしゃぶりだした。
突然Rが立ち上がり、ジャージとパンツを脱ぎ、向かい合うように俺の膝に座ってきたので、Rのマソコを触ると、汗と汁でグジョグジョだった。
さすがに我慢できなくなったので、
「いつでも入っちゃうやん」
というと、案の定
「入れちゃう?」
と言っときた。

続く…

644 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2008/03/12(水) 14:36:01 ID:clmJgHuFO
Rは腰を浮かし、先っぽが当たったと思ったらツルンと入ってしまった。Rは俺と向かいあうように体を密着させて腰を振った。汗でヌルヌルして気持ちよかった。
Rは声を出すのを我慢できずに喘いでた。

次にRは立ち上がり、机に手を付いて、片足を椅子立てたので、後ろから入れた。
形のいい太ももと尻が白く眩しい。ありえないくらい腰を反らして、
「すんごぃ気持ちいぃ…」
というもんだから、速く突いたら、Rのヒザがガクガクしだして
「だめぇ…いっちゃぅょぉ」
と言ってすぐにいった。
そのまま突いてたら俺も我慢できなくなって、Rの太ももに出しました。
誰かくるかもしれない不安の中で凄く興奮したし気持ちよかった。
この前同窓会で会った後にもしちゃいました。

思い出でした。終わり